FC2ブログ

Versteck

漫画やゲーム、日常の出来事など思いついたままにつらつらと。

組紐Days

最近組紐がプチブームです。
着付け教室で夏用の手組の帯締めを作ったのがきっかけですが、
「君の名は」でヒロインが作ってたとかで、今組紐が一部の方々の間で人気らしいですね。
おかげで参考になるサイトがいくつか存在していて、基本的なところがよく分かりました。
我ながらなんてタイムリー(^◇^)

丸四つ組くらいなら手でも編めますが、
常時力を入れてひもを引っ張らないとユルユルになってしまう為、途中で指が痛くなってくるんですよね。
しかも今右手の親指を痛めていて、あまり力を入れられなくてですね。
トイレとか所用での中断もしにくいので、それならいっそ丸台を自作することに。

手軽に取り組めそうな本として、本屋で見つけた「かわいい組みひもの教科書」も購入しました。
欄外に書かれている組み方のコツが何気に重要で参考になります。
他にも本に載っていない組み方をしたくてネットもいくつか参考にしましたが、
https://www18.atwiki.jp/yamatonadeshiko/
こちらの組紐資料室が分かりやすかったです。どうもありがとうございました。
それでも載っていない組み方は、「組紐 ○○組」で動画検索をかけて調べました。
意外と上がっていて助かりました。たいてい1シークエンスくらいは載せてくれているので。
私は丸源氏小桜とゆるぎは動画で学びました。


丸台に必要なのはドーナツ状の椅子状のもの、
というのは上がっている動画を見ても確認出来たので、
何か100均に代用品が有るだろうと最寄りのダイソーをウロウロしていて見つけたのが、蓋つきゴミ箱。
これなら組紐に飽きてもゴミ箱として再利用できるので、無駄にはならんだろうと思い購入。



こんなの。
絵日記_箱組紐



あとは各糸の先に吊るす重り用にアイスキューブなるものを購入して、
タコ糸で縛ってボビン(100均で買ったミシン用ボビン)に引っ掛けてます。
重りはわざわざ買わなくても5円玉、50円玉でも良いんですけどね。
穴あき硬貨10枚くらいを束ねて真ん中に紐を通して、
糸を巻き付けてるボビンに引っ掛けるだけで良いんですから。
ただ、全てをそれで賄うのはちょっと大変。
一玉当たりの重りを50gとしたら、50円玉が12~3枚、5円玉は13~4枚が必要なので、
8玉でも最低100枚以上用意する必要があるんです。
更に中央に垂らす重りが外周全体の半分くらい必要なので、単純計算で150枚。
8玉なら頑張って用意も出来るでしょうけど、
12,16,24,32と増えていけばいく程かなりの枚数を用意しないといけないので、
銀行で両替して貰わないととても足りません。
まぁ両替さえして貰えば、腐るものでも価値が変わるものでもないので絶対無駄にはなりませんわな。
私は100均で買い物のついでだったので、わざわざ銀行に行くのが面倒で行きませんでしたが、
近くに銀行があるのなら、そこで両替して貰うのが一番無駄がないはず。

あと、使用する糸はたとえ練習用でもそれなりに光沢のある糸を使った方が楽しくて良いです。
光沢がなくても地味可愛くてアリっちゃアリですけど、モチベーションがあまり上がらない。
帯締めも絹糸で作ってますし、やはり光沢は大事。
私はダイソーで売ってた綿100%のレースヤーンを使いましたが、
化繊のがあったらそっちの方が楽しいと思います。
あと糸の目一つ一つは小さいので、
派手すぎると思うくらいのビビッドな色の方が模様が分かりやすくて良かったかな。
本番用は流石に絹糸は無理なので、お値段も手ごろな刺繍糸を使います。
絹ほどでは無いもののほどよく艶もあり、何より色のバリエーションが豊富なので、
同じ組み方でも配色一つでがらりと雰囲気を変える組紐の糸としては心強いです。


着物教室で組んだのを除いて、
初めに手組で普通の5つ編みと丸四つを試し、
丸台に移行してから丸八つ、角八つ、八つ花網代、八つ土筆と試し、
十六金剛、十六金剛返し、十六丸源氏小桜、十六菊唐で16玉を実感し、
現在24玉でゆるぎ組を試し終えたところです。
ゆるぎと御岳の仕上がりの違いが正直よく分かりませんが、
御岳はゆるぎより交差が一つ増えるだけっぽいので、敢えて試す必要はないかな、と。
糸の色の出方が大体分かったので、次は笹浪組を試してみたいなと考え中。

やってみると判るんですが、
出来上がりの断面が丸い紐は組んでいる時の力加減がいい加減でもアラが目立ちにくいですが、
平たい平組は毎回力加減に注意しないと出来上がりの紐の幅が変わってしまうことが多いです。
一番難しかったのは源氏小桜。
可愛い花柄が出るので是非やってみたかった組紐ですけど、幅にバラつきがあってとても残念な仕上がりに。
悔しかったので近いうちにリベンジしてやろうと画策中です。


ネットで検索すると色んな模様の組紐画像が出て来ますが、
複雑な図案を組めるのは丸台よりも玉数の多い高台や綾竹台ですね。
ここら辺はもう、半分機織りのジャンルに足を突っ込んでいる感じです。
組紐が一生付き合うことの出来る気の長い趣味であるならいざ知らず、
一過性の趣味に投入するブツではありません。
そして、丸台で組める組紐の組み図が載っている参考書として今一番気になっている「丸だいのくみひも 120」という本。
初心者には分かり難いというレビューもあり、その上マイナージャンルの為かお値段が高い(;´~`)
というか絶版してる?のか・・・??
とにかく専門書の部類なので、書店で中を見ずに買うことは出来ませんわ~。
今度街の大きい本屋さんで探してみよう(-ω-)




そんな訳で空いている時間を組紐に費やしているのでオタクな時間をあまり取れていない近頃ですが、
夏アニメチェックだけは欠かせません。
春アニメも良作が多くて楽しめました。
ヒロアカ、巨人は期待通りの出来としても、
IDO(伏線きちんと回収してグダグダにならなかった)、
KADO(5,6話纏めて見てるのでまだ途中だけど、シンゴジラを見ている様で面白い)、
ATOM(全く期待してなかったけどそれなりに楽しい。A106が可愛い)、
リトルウィッチアカデミア(王道正統派アニメ、伏線回収も問題なし、終盤の録画ミスに泣いた)、
辺りを見てました。途中で切ったのはもう覚えていない。


今期期待している夏アニメは、
メイドインアビス(状況が絶望的らしいけどとりあえず)、
バチカン奇跡調査官(普通に面白そうかな)、
異世界食堂(グルメ枠)、
潔癖男子!青山くん(月間少女野崎くんみたいなのを期待)、
将国のアルタイル(どう考えてもトルコだよねトルコ大スキー)、
ボールルームへようこそ(物珍しジャンル,プロダクションIG枠)、
魔法陣グルグル(まさかのプロダクションIG枠)、
THE REFLECTION(面白い・・・かな?)、の8作品をメインに見る予定。
しかも今日からシャーロックの新シリーズが始まりますので、向う一ヶ月は見る番組に困らなさそう(*´ω`*)

スポンサーサイト



もう3月だなんて・・・(愕然)

またも長期のブログ放置。
まぁ・・・うん・・・。
色々と・・・ね・・・??


今週に入ってから、毎朝のように鶯が鳴いているのを耳にします。
春はもうすぐですね~。そりゃそうだよね!もう3月だもんね!
そう言えば先日ダンジョン飯の新刊をアマゾンで予約したんですけど、
当時なかなか慌ただしいタイミングだったこともあり、間違えてキンドル版買っちゃいまして。
もうほんとショックでしたわ・・・・・・。
いつまで経っても出荷メールも現物も届かないなとは思ってたんですが、
よくよく確認してみたらキンドル版ってね・・・。
好きな作品はいつでも手に取れるように紙媒体で持っていたいアナログ派の当方としては、痛恨の一撃でした。

好きだからこそ隅々まで舐めるように見たいんです。
買ったその日に2回読んで、寝る前にまたちょっと眺めて、
次の日にもう一度舐める様にコマの隅々まで観賞して、
既刊との関連性があるところが出て来たら、またその次の日にその該当部分を探しに行って、
当然該当部分だけで済むわけもないので一巻丸々読み通して、
それでようやくいったん満足して本棚に収めるというネチネチっぷりです。
その後ふと思い出しては寝る前に読むので、いったい何度読むことになるのか・・・。
とてもじゃないけどデジタルでなんて満足できない(>_<)
漫画だからちょっとした時間にすぐ読めるってのも大きいですね。
活字だと止まらなくなる寝不足フラグも、漫画は気にせず読めるからなぁ。

まぁたかだか六百数十円の出費で良い勉強させてもらったと考えて、
改めて書店まで足を運んで買い求めました。
えぇ、書店で。
自業自得とはいえ、この流れでアマゾンに頼めるほど広い心は持ちあわせておりませぬ。

九井さんの作品はどれも味があって単行本は全部持ってますが、
中でもダンジョン飯はそれはもう大大大好きな作品で、
世界観は勿論のこと、その世界の日常をかなりの現実味を持たせて表現しているところが堪らんのですわ。
これまでの作品でも、ファンタジー社会での社会問題を描いていた作品はいくつもあったので、
もともと「その世界での日常的なリアルな社会」を表現するのが好きな作家さんなんだなとは思ってましたが、
ダンジョン飯はそこにグルメ要素が入っちゃったわけですね。
食い意地張ってる当方が抗える要素なんて微塵もない(笑)

しかも馬型とか鳥型とか植物系は誰でも想像出来るけど、
動く鎧を食べようとか凄い発想ですよねホント。
「食用にするために、このモンスターの生態をどう設定・解釈するか」って視点で毎回考えてるのかなぁ。
魚人と人魚の違いとか、ゴーレムの有効利用方法とか、発想が自由で毎回読んでいて楽しい。
新刊が出たばっかりですけれど、
エルフ的新展開を迎え、次の新刊が待ち遠しい作品であります(*´ω`*)






それでは以下冬アニメ語り。ネタバレあるよ!





鉄血のオルフェンズ
ようやくガリガリが仮面を脱いだ!
と思ったら髪が短くなってイケメン度が上がっていた(当方比)!なんてこった!!
マッキ―のイカレっぷりもここに来て急上昇!
でも幼少時からあれだけ虐待受けてたらあぁなるのもしょうがないよね、と。
ガリガリにはカルタの乘ってた機体に乗るなんて神経疑うって言われてましたが、
あれむしろマッキ―なりにカルタを想ってのことなのかなと思わないでもない。歪んでるけども。
アルミリア幸せにするよっていうガリガリとの約束もきちんと果たそうとしているし、
やっぱりマッキ―にとって、ガリガリとカルタは特別枠だったのかなと考えてしまうわ。
平気で利用するし殺しちゃうんだけどね。
うん、歪み具合半端ないな。
半端なさ過ぎてアトラに優しくしてる三日月が普通に見えて来ちゃったよ。

でもマッキ―と同じくらいイオク様も酷い事してるよね。
禁止兵器を平気で使うし、部下も沢山死んじゃったよね。
彼の無能っぷりは流石に常軌を逸していないだろうか。
普通あそこまでアホな子になる前に教育係が指導してくれそうなものなのに、そんな人には恵まれなかったのかな。
根がまっすぐなだけに余計性質が悪くなっている節すらあるもんなぁ・・・。
せめてイオク様自ら身体をはって部下を庇うなり、
それなりに有能なところもあるってエピソードを入れてくれないと、
部下に愛されてる設定に説得力が全くなくて、おめおめ死んでいく部下にすら同情出来ないよ。
「そんな上司を選んだお主が悪い」としか言えんレベル。
先代が有能で素晴らしい傑物だったら尚のこと、イオク様の現状には嫌気がさしそうなものだけれど。
脳筋なのかと疑いたくなるという意味では、鉄華団のメンツと良い勝負じゃなかろうか。

さて、ラストに向けて誰が生き残るのやら・・・(´;ω; )


メイドラゴン
小林さんが女性である必要があったのか。
答えはYESです(`・ω・´)
小林さんが男だったらただの無気力主人公の日常系ハーレムアニメ(糖度低め)ですからね。
トールからの激しいラブコールも、幼女も交えての同居生活も、小林さんが女だからマッタリ安心して見ていられます。
同居人たちに対する小林さんの思いやりも、下心が一切ないから心が温かくなる訳で。
日常系はあまり好きではなかったのですが、
トールと幼女があんまり微笑ましいのでいつも楽しく見ています(*´ω`*)


アッカ
主人公の裏設定が予想通りでちょっと残念だったけれど、今後の展開に期待(`・ω・´)


龍の歯医者
最近お騒がせの女優さん、清水富美加さんがヒロインの声を当てていますが、演技がとてもお上手でした。
「この世界の片隅に」のヒロイ役に抜擢されたのんちゃんは、
キャラあっての「当たり役」とか「違和感ない」と感じたのに対し、
清水さんはキャラを選ばず誰の役でもそつなくこなせる風で、その分個性は欠けるけれども、
声の中の人を連想させないという意味で非常に良い演技に思えましたよ。
声優初挑戦とはとても思えないわ。才能があるんでしょうね。

で、肝心のお話の方なんですが。
所々で差し込まれるCGがなんか微妙なんだよなぁ。
NHKが大見得切ってるから期待してたんですけど・・・微妙に・・・しょぼく感じます。
トータルで見たら決して悪くない出来なんですけどね。
ところどころCG丸分かりなところがありまして、そーゆーのが平気な人は気にならないんでしょうけど、
私としては「アイマスアニメの方が上じゃないか・・・」とか思っちゃうわけで。
期待し過ぎたのかもしれませんけれど。

あとコンテンツを詰め込み過ぎですね。
90分の尺に収められる内容ではなかったです。
ちょっと駆け足過ぎて、視聴者置いてきぼりなところがあったと思う。
もうあと最低でも30分は欲しかったというのが正直なところ。
せめてメインキャラを絞って背景を掘り下げてくれていたらもう少し感慨も湧いたんだろうけれど、
どのキャラも浅く広く描いてるから群青劇にも主人公たちの成長ドラマにもならず、
世界観の説明だけで終わってしまったなって思います。長編映画のダイジェスト映像、みたいな。
個人的にはジブリとエヴァを足して2で割った感があって、既視感が結構ありました。
もうちょっと上手く料理できたんじゃないかなぁと思うんだけど、
この世界観で1クールか2クールのアニメに作り替えるって言うなら、もう一度見るだろうなと思う。

ところでスタッフは主人公のノノコじゃなくて林原キャラの方がオシメンなの?
彼女は龍の歯医者とは反対の、死を受け入れるのではなく生を望む処に位置していたし、
死んだ先輩を想って後を追うようなことはせず、一緒に行きようと貪欲にもがいた人ではあったけれど、
あそこまでくどいキスシーンにする必要があったか疑問だわ。半分の時間で良いよ(笑)
そもそもノノコでお話の主軸となる死生観を語らないのなら、
初めから林原キャラをメインにした方がずっとインパクトある作品になったと思う。
女主人公が悲しみのあまり味方を裏切って人間やめちゃう、敵国と内通までしちゃうって、とんだダークヒロインじゃんね。
どうせ共感得られないなら、よりインパクトある方が視聴者の記憶に残っていいじゃんね。
大体、龍もちょっといけすかんわ。
歯医者になる人間に「運命を、抗わず受け入れること」を求めておきながら(抗ったら歯医者不適格とみなされ死んでしまう)、
自身が殺される未来を回避する為にベルを蘇らせるってのはダブルスタンダードじゃない?
人外にまでなって自分の望みをを叶えようとした林原キャラがちょっと不憫だわ。
でもどうせアレなんでしょ?
龍「いつ俺が運命に抗わないと言った?」ってやつですよね、分かります(-ω-)


番宣でボーイミーツガール!二人の成長物語!ってな王道臭を匂わせてたから
余計に肩透かし食らわせられた気分になったのかな。
あれ完全に主人公が林原キャラに食われてたよ(´;ω; )
ノノコもノノコに蹴られるベルも可愛かったのに、ほんと勿体ない・・・(´;ω; )


チキンの季節がやって来た!

気が付けばもう年末、すっかり寒くなってしましました。
巷では右を見ても左を見ても鶏肉料理が並んでますね。
うむ、実に素晴らしい時期ですな(*´ω`*)

二ヶ月ぶりのブログ更新となりましたが、
決して今期のアニメが面白すぎてそればっかり見ていたわけじゃあないんですよ!
体質改善のためにお風呂にしっかり入ったり、筋トレしたり、
眼精疲労を緩和する為に小豆のアイピロウで温めたりしてたら、
時間があっという間に過ぎちゃうんですよね(´・ω・`)

しかもドライアイと眼精疲労のWコンボで目がすぐに疲れるようになってしまい、
液晶のブルーライトが大敵になってしまったという笑えない状態にw
意識してこの二ヶ月、紙媒体の物をメインで見るようにしてたので、
少しはマシになってきつつあるような気も、する、かな・・・?
病院処方の専用目薬も点してるので良くなってる筈(;´∀`)


そんな訳で、じっと画面を見つめるお絵かきなんてこれっぽっちも出来なかったんですが、
今期のアニメも良作ぞろいだったので、アニメだけはしっかり見てました(笑)
今期秋アニメは結局、
ハイキュー、舟を編む、3月のライオン、ユーリオンアイス、ガンダム、オカルティックナインを見ていました。
その他は2話くらいで切りました。
モンハン?そんなのあったっけ・・・???
以下アニメの感想ですが、最終話をまだ見てない作品もあるので、オチ次第では評価も変わるかもしれんね。




まず今期のダークホースはユーリオンアイス。
まさかここまでギャグに特化したツッコミ待ちアニメだとは予想しなかったです。
ホモ臭さはあるけれどそこまで露骨じゃないし、
現実のフィギュア界隈にもゲイの方はちらほら居らっしゃるから、
腐女子向けアニメというよりは、腐女子と親和性の高いリアルをアニメに持って来たって解釈も出来るよね(笑)

けど何より、そんな腐臭もあまり気にならなくなるほどのキャラの濃さと言ったら。
スイスのまつ毛さんとかロシアのポポとか、カナダのJJも凄い空気読まないし、
イタリアのシスコンスケーターもなかなか凄いですwww
タイのピチット君も良識人枠かと思いきや、二人の婚約指輪wに動じることないとか肝が据わりすぎている(笑)
あ、そうか、そこはタイだから慣れっこなのか。そうに違いない。
ってことは男性フィギュアスケーターのキャラクターの中で一番良識人ぽい人って、
カザフのオタベックか、中国の可愛いティーンの子くらいではなかろうか。
圧倒的な口の悪さ、対人スキルの低さを除けば、ユリオも割と常識人・・・では無いけれど、
勇利とヴィクトルの想像を超えたイチャコラを見せつけられて吐かれるユリオの暴言、
これがそのまま視聴者の声と重なるので、常識人っぽく見えてくる不思議www

女性キャラも皆個性的だし、ほんとこのアニメの「真面目にB級アニメを作りました!」感が好きです。
最後にはヴィクトルがコーチ辞めて現役復帰するのかもしれないけれど、
それで今度はWユーリとヴィクトルと楽しい仲間たちのガチバトル第二期とか作ってくれないだろうか。
タイミング良いことに、
去年からシニアで大活躍してるメドベージェワちゃんがユーリを見てるから、
「現役選手も見ている本格()フィギュアスケートアニメ」としてはこれ以上ない宣伝になってるんですよね。
日本以外でももっとフィギュアが人気になればいいのにな!
そしたらスポンサーももっとついて、
こないだのマルセイユみたいな酷いGPファイナルも回避出来るかもしれない!
(まともに運営できないなら誘致しちゃ駄目よ~(´;ω; ))
日本国内の話なら、羽生選手以外の男子選手ももっと注目されるかもね!
今日から始まる全日本選手権は、羽生選手以外の有望選手がたくさん出て来ますからね!
(羽生君はインフルで残念だったけど、出なくても確実に世界選手権に出れる実績があるから問題ない。)
個人的には、ポスト高橋大輔っぽい宇野選手がもっと人気出ると嬉しいんですけどね!
彼のあのしなやかな筋肉は、実に猫っぽくて良いものだ(`・ω・´)

肝心のスケートの動画はなまじ最初の1、2話の出来が良かっただけに期待値が高くなりすぎたのはありますね。
3話以降では急に演技者の手足が短くなったり背景が不自然だったりで残念なところもありますが、
比べる対象をアクション描写に力を入れてるハイキューに設定したらそう感じるってだけで、
一般的な深夜アニメ枠の水準からしたらめっちゃ動いてる方ですわな。
それこそ同じ制作会社に作られてるサッカーアニメのDAYSに比べたら…。
サッカーアニメなのにほとんど動いていない可哀想なあの作品に比べたら・・・!



ハイキューは期待通りハイクオリティで満足でした!
サーブを打つ前に、選手がボールを地面にバシバシ打ち付ける動作は現実でもよく見ますけれど、
その時の、手が当たった時の衝撃がボールに伝わって、
ワンテンポ遅れてボールが手から離れていくという当たり前の物理運動の描写が好きでして。
とってもリアルで、何度見ても惚れ惚れします(*´▽`*)
カメラワークがマトリックスみたいにグルグル回るんですよ。調べたらあーゆー動きをバレットタイムっていうらしいですね。
CGが使えるようになったから、あーゆー演出もアニメで出来るようになったんですねぇ・・・。
次の第4期?が来るのは1年後くらいかなぁ・・・。


次は今期のガンダム枠、鉄血のオルフェンズ。
本当ならモビルアーマーの設定のえげつなさに震撼するところなんですが、
何かもうイオクさまの印象があまりに強すぎてwww
カルタさまだってあんなに酷くなかったのに、
イオクさま「一矢報いてやったぞ!(キリッ)」でお茶吹いちゃいましたwww
愛すべきお馬鹿キャラかと思いきや、どうしようもないお馬鹿キャラの方だったとは(;´∀`)
あれじゃあ部下が浮かばれないわぁ。
毎度しわ寄せを食ってるジュリエッタが可哀想でならないです。
部下思いな人柄なのは分かるし、そうでなければ部下もあそこまで身を挺して守ったりはしないと思うんだけど、
いやそれにしてもイオクさま・・・!www
死亡フラグもビンビンに立ってますし、
これどこかでガリガリ兄さんみたいに軌道修正しないと、カルタさまみたく棺桶まっしぐらコースですね。



3月のライオン・舟を編む
しっとりと見せてくれる、安定の真面目ネタ枠。
どちらも原作が良いので文句付けるところは見当たりませんが、
特筆すべきところもないかな。良作です。


オカルティックナイン
グロイシーンがいくつかありますが、それがメインではない作品。
全体的に半数以上のキャラが早口で話すので、シンゴジラみたいに情報の濁流に呑まれてる感が何とも。
現実にあの早口でしゃべられたら、「この人会話する気あるのかしら」と苛々すること間違いなしですね!
これが一番オチを知りたい作品なんですが、まだ見れておりません。
オチを見た上でもう一度見直してみないと評価しにくい、ある意味面倒くさい作品です(笑)
面白いは面白いんですけどね。
分かりやすく説明してくれないから3割くらいしか理解出来てない・・・。いや、2割切ってるかも?(´;ω;`)
後半からは消さずに残してあるので、それを見て、
それでも腑に落ちなかったら考察サイトに行って確認してみようと思うくらいには面白いですよ。



続きまして、新年より始まる冬アニメの視聴予定自分メモ

絶対見る枠
・ 龍の歯医者   2月~(NHK BSプレミアム)
・リトルウィッチアカデミア  BS11:1月8日(日)24:30~  関西テレビ:1月8日(日)25:55~

多分見る枠
・テイルズ オブ ゼスティリア  サンテレビ:2017年1月11日(水)24:30~ BS11:1月10日(火)24:30~
・Fate/Grand Order -First Order- BS11:2016年12月31日(土)22:00~ 
 ※「Fate Project 大晦日TVスペシャル First & Next Order」内にて放送
・ ACCA13区監察課
サンテレビ:1月10日(火)24:00~ BS11:1月11日(水)24:30~
監督は「スペース☆ダンディ」の夏目真悟さん、シリーズ構成は「ワンパンマン」の鈴木智尋さん、
キャラクターデザインは久貝典史さん、アニメーション制作はマッドハウス

とりあえずチェック枠
・ クズの本懐 1月12日(木)24:55~(フジテレビ)
・鬼平 テレビ大阪:1月14日(土)26:30~
・幼女戦記 サンテレビ:1月8日(日)25:00~  BS11:1月9日(月)24:30~

もういくつ寝ると秋アニメの季節かぁ

絵日記_モブ100


いやー、モブ100面白いな~(´∀`)
モブ兄弟の思春期真っ盛りとエクボの下種さと師匠の胡散臭さが堪らんですわ。
景山兄弟はほんとお互いに好き過ぎて、見てるこっちが照れてくるっつの。
モブ君は師匠がボコられたり拉致されたりしても、律くんがそうされた時ほど怒らんよね、きっと。
うむ、素晴らしき家族愛じゃ。

対する師匠は最近出番少ないですね。
まぁ出番なくても次回予告で毎回美ボイス聞けるから良いんですけども。
ほんと師匠は櫻井ボイスのお蔭で随分得をしてると思うわ。
あの声で優しく語られたらちょっとした詐欺も気づけない、ってことは・・・ない、けど、
相手に思考の余地を与えない畳みかけるような詐欺師の鑑のような話術も、
もしエクボのチョイ悪大塚ボイスで語られたら普通に警戒しちゃいますからね。

それにしても師匠のモブに対するあの愛は何なの?
完全にお父さんモード、あるいはお兄ちゃんモード入ってますよね。
完全に立ち位置が「皆が何言っても俺はモブの味方だからな」じゃないですか。
現実は「超能力少年を利用する詐欺師」だというのに、
「モブの信頼と好感度高めてうまく利用してやるぜグヒヒ」でなくて(まぁ多少はあるんだろうけど)
「色々不器用なくせにやたらと抱え込んじゃうから危なっかしくて放っとけないわ~」が全面に押し出てて、

なんか・・・




とっても・・・とっても・・・




萌えるな!?



この二人、腐ィルター無しでは見ていられないよ!??






師弟物はもともと好物なので、色々と・・・うん・・・妄想が捗りますね。
ただモブ君まだ子供だからな~。
せめて17歳・・・18歳…いや、50歩譲って17歳までは、
どんだけいってもチューどまりってのがね、
色々ともどかしくて・・・

かえって萌えるんだけどさ (*゚∀゚)=3 ムッハー!!


霊幻師匠は詐欺師だけあって現実的というか、
超えちゃいけない一線を理解してるバランサーというか、
「これはしない」っていう自分なりのモットーを持っている感じの人みたいなので、
法律的にアウトー!になるリスクとか、モブの為にならないことはあまりしなさそう。
ある意味、悪役としては小者なんですよね。
悪者になり切れないというか、最期は車に轢かれそうになった猫を庇って死ぬような、そーゆーキャラ(笑)
詐欺師やってるくせに根が優しいんだろうね。
そもそも本当の悪人だったらさすがのモブも懐かないだろうけど。

自分はただの詐欺師でモブを利用してるだけって現実をきちんと理解してて、
良識人ぶってモブを励ましたり諭したりする自分を内心嗤ってそうな、
そんなニヒルなところを感じさせる師匠と、
色々いっぱいいっぱいだけど必死に前に進もうとしているモブ君の
甘酸っぱい全年齢漫画が読みたい(*´▽`*)
腐ィルターは自前のものがあるでな!


えーと、つまり原作買えってことでしょうかね???



そう言えば上の絵を描いてて改めて思ったんですけど、
この手の絵柄は今まで全然描いてこなかったので、自分の絵との折り合いをどうつけるか難しいです。
ONEさんの絵での美男美女って、ワンパンではジェネス、
モブ100ではツボミちゃんとテル君と・・・律くん・・・?
律のこと爽やかイケメンとか言ってた気がしますが、あれって雰囲気イケメンでなく本当にイケメンなんだろうか。
とにかく今出てる中で美男美女設定があるのってこの辺りだったと思うんですけど、
その辺と比較してみても、取り立ててモブが見苦しい容姿をしているわけではなさそうです。
つまりモブの容姿のカギは、

・眉毛が隠れるくらいの長さの坊ちゃん刈り
・三白眼っぽい大きな目(おそらく一重か奥二重)と、薄すぎる表情の発露
・スポーツ苦手な軟弱肉体

大体この3つに集約できるかと。
あとはこれを自分なりに落としこんで描くだけ!・・・の筈なんだけどね・・・?
・・・エクボは一発描き位がちょうど良い味出るので、楽で良いわ~・・・。
師匠?
師匠は眉毛が普通の、M型(髪型のことね)垂れ目系イギリス描いてればいいんじゃないかと思ってる(`・ω・´)


んで、黒髪おかっぱ系ということで日本さんをベースにして描いてみたんですが、
可愛くない日本!目つきの悪い日本!三白眼の日本!とか考えるだけではうまく行きませんわ。
やっぱ滲み出るオーラってありますね。
原作の影響もあるのか知れないけれど、「綺麗なモブはモブじゃねぇ」って意識がハッキリあります(笑)
日本さんを描く時は可愛い系かイケメン系かキレイ系か、適当にその都度意識して描いてるので、
「綺麗じゃない日本さん、からのモブ」って時点ですでに色々と無理があるんだな。
モブはモブとして描かなきゃ、モブ君になってくれませんわ。


そういう意味では原作に触れて練習あるのみなんですが、
あの絵柄に似せるのではなく、独特のジトッとした雰囲気出せなきゃ意味ないんだよなぁ・・・。
アニメではそれなりに表情変化して可愛かったんですけど、原作はどうなんでしょう。
まぁヘタリアとの二足の草鞋はしんどいので、扱うにしても絵日記で上げるくらいでしょうが、
多分、原作に手を出したらモブ100に移行してしまう可能性が高いと思われ。
だってさぁ、
アニメの出来が非常に素晴らしくて、毎回OPから次回予告まで舐めるように見ているだけではなく、
DVD買っても良い気がしてきたわ、買うかな、なんて考えてるくらいですからね!
しかしその前に漫画だよね。
普通買うなら一次資料としてはまず漫画だよね。

さて、どうすっかな~・・・。




--------------------------------------

自分用、秋アニメメモ
【視聴ほぼ確定】
ハイキュー!
3月のライオン
舟を編む
鉄血のオルフェンズ


【予定だけど未定】
ユーリ!!!(フィギュアスケート)
クラシカロイド(音楽)
ALL OUT!!(ラグビ-)
Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- (シュタゲの人)
終末のイゼッタ (魔女で戦記)
モンハンストーリーズ(義理w)

二つ名の感想もどきだよ~


絵日記_スーさん

サーミ可愛いいよサーミ!!
肩からぶら下げてるのは掃除機みたいな何かです。
多分柄のところを鞭みたいに振り回したり、異物を吸い込んだり吐きだしたりして戦うんでしょう。
でも柄の部分より本体のところが一番堅そうだから
むしろそこを鈍器扱いした方が良いかもしれない(笑)

ガムートとスウェーデンってどう組み合わせてもまともな名前になりそうにないと相談したら
上の名前を考えてくれた友人に感謝。
・・・あれ?スウェートだったっけ?
ガムー「デン」だとデンマークのデンと被るからヤダーって自分で言ったような気がする・・・。
どっちが正解だったか定かじゃないけれど、
なんだかとってもガムーデンじゃない気がしてきたどうしよう。
・・・まぁ・・・うん、
間違ってたら後日修正して上げ直せばいいんだけのことだよね。

なおゲームに出てくるガム―トは皆雌であることを描いた後に知って、
酷く裏切られた気分でいるのは私だけではない筈。
基本的に群れを成さないけど、
子育ての時は子供をポポの群れに混じらせて一緒に子育てすることもあるとか。
なら子供ガム―トも一緒に出せばいいのに、幼体を狩らせるのはどうよって開発側の配慮なんですかね。
せめて生体ムービーで子育て奮闘中のモンスターとかあってもいいのに。
子ムートは雪山の保護色で真っ白だそうですよ。
可愛いじゃない?見てみたいじゃない?
でも最近のモンハンは「生態系?なにそれ美味しいの?」な感じですから、
そんな微笑ましいムービーを作ろうなんてミジンコの毛先ほども考えてないだろうな。

ところでこのガムートさんに関するウィキを読んでて本当に不思議なのですが、
この子は草食動物ですんげぇでっかいんですね。
ニャンターでやると完全に姿がフレームアウトして何が何だか分からなくなります。
四天王の中でどれが一番嫌いかと聞かれたら、私は間違いなくガムートを挙げますわ。
相手の動きが見えなくて行動の予測がしにくいから、ガツガツ攻められないのが嫌なので。
で、この巨体ですからご飯もモリモリ食べるんでしょうけれど、
生息地は雪山とか氷海とかの寒いエリア。
雪山はまだ辺りに植物とかありますけど、氷海なんて殆どが雪と氷で覆われてるんですよ。周りは海だし。
普段はもっと食糧豊富なエリアに居るけれど、
子育ての時だけ外敵から身を守るため敢えて餌も敵も少ない地域に移動する、ならまだ分かる。
本来砂漠とかの暑い地域に生息しているティガが、
雪山のポポの味を忘れられずに(笑)寒さをものともせず雪山まで足をのばすという例もありますし。
でもこのガム―とはどうなんでしょうかね。
常にずっと雪山暮らしじゃ食糧確保なんてとても出来そうに無いけれど。
クロス以降再登場があるなら、しれっとした顔で温暖地帯に出て来そうではありますなー。



さて今回はディノバルド以外の二つ名を触ってみた感想を。
ディノバルドは嫌いじゃないけれどアマツ武器作ってから行きたいな。心強いし!
ハプル武器で頭ガンガン殴るのも楽しいんだけどね。
二つ名は其々アシラ5、ウルク8、ナルガは9、ガルルガを7まで進めましたが、
他は1度だけしかプレイしてません。
ですのでほとんどは様子見レベルでの感想です。



紅兜アオアシラ
しょせん熊だし、と思えるのはいつまでかな・・・。
5までクリアしましたけど、そろそろ攻撃が痛くなってきました。
連続引っ掻き攻撃が、かなりのホーミング性能と移動速度の速さとで危険です。特に後者がえぐい。
今のところ最大5回までですが、今後増えたらもうダメ。緊急撤退で逃げるしかない。
ニャンターの抜刀ダッシュで逃げて、何とか逃げ切れるかどうか、というところですから、
脚の遅いハンターなら・・・。
途中でハグ攻撃に変化することもありますが、両腕広げられる分カバー範囲が広くてとても避けにくいです。
なので連続引っ掻きが始まったら、ヘタに相手の後ろに回りこんで隙を見て攻撃とか考えず、
一直線に逃げるのが一番安全です。文字通り一直線です。曲がったらダメ!
溜め引っ掻き攻撃(サシミウオが落ちるやつ)は出が遅いので攻撃チャンスですけど、
風圧が発生するんですよね。つまり当たるととても痛いです。



大雪主ウルクスス
猫用武器の中の氷属性打撃武器で今のところ最強なので、こりゃ作らにゃならんな、と。
ジンオウガの頭を殴る用にも必要になりますしね。
欲しいのはS武器なので、まさか10までクリアせにゃならんのかしらと面倒だったのですが、
幸いにも8をクリアしたら武器を作れるようになったので、8で止まってます。
あまり連戦したくない相手なんですよね。状態異常が面倒なので。
二つ名だから防音は欲しいとして、氷属性やられと雪だるま、それから耐震対策ですか。
これらがあるか無いかで狩りの快適度合いがかなり違ってくるかと。
でも耐震は大ジャンプ尻もち攻撃のあれですから、食らうことも少ないので必須ではないか。
けどだるまと氷属性やられ、特に属性やられはよく食らいましたね。
水と氷の属性やられは猫のフットワークを殺してしまうので、
頻繁に属性やられにしてくれちゃう大雪主は、活力壺か治ロリか緊急撤退が必須スキルかと。
無いとなかなかストレスフル。

攻撃で厄介なのは3way雪玉投げかな。
前方120度以上はカバー出来てるんじゃないかと。
射程はそれ程でもないので、大雪主から距離を取るか、かなり横に移動しないと避けきれないです。
超巨大雪玉投げは大雪主の足元後方に回ってお尻を攻撃をするチャンスタイムです。
が、最初はその雪玉の巨大っぷりに、
「大雪主さんすんげぇ力持ちぃ~!!」と目が奪われて攻撃出来ませんでした(笑)
あとはまぁ、あっちこっち動き回って鬱陶しい、いつものウサギさんでしたね。



岩穿テツカブラ
岩が・・・凄く・・・大きいです・・・。
その巨大な岩を咥えたまま何度もこちらに合せて軸合わせしてくる動きがとても鬱陶しかったです。
本当に、これでもかってくらい、しつこくしつこ~く軸合わせしてきます。
そのまま岩砕きのモーションに巻き込まれることは、事故らない限りは無いと思うんですが、
軸合わせ中の咥えてる岩に当たり判定があります。
まぁあんだけ大きい岩ですから、ちょっと振り回すだけでも当たると痛いのは分かる。
分かるけれど、軸合わせのあまりのしつこさにはイラッとしました(笑)
あと大ジャンプ押しつぶし攻撃。
さすがカエルの見た目してるだけあって、素晴らしいジャンプでしたよ。その後の衝撃も。
しこ踏みも威力が上がって酷いことになってますね。
ジャンプもしこ踏みも、あんなの食らったら猫なんか一瞬でミンチにされちゃうな。



矛砕ダイミョウザザミ
二つ名は総じてそうなんですけど、
ニャンターだから特にそう感じるんでしょうけれど、
何か・・・通常個体より遙かにデカイなぁ、と。
シェンガオレンの生まれたての子供って多分こんなサイズだろうなぁ、と思いました。
攻撃で注意すべきなのは、亜種みたいに水ブレスが半円を描くようになったのと、
回転からのジャンププレスがとても痛そうなのと、
あと巨大化に伴い地下からの付き上げ攻撃の範囲の広さかな。
開発側の「大きいことは良いことだ!」をニャンターの身でひしひしと感じる今日この頃。
ミンチにされるのはそう遠くない未来ですね・・・。

調べてみたら、多用する顔面ガードで音爆弾を使うと大ダウン、そして左鋏が軟化するそうです。
湯気が出てるけど何だろうと思ってんたんですが、軟化してたのね。
どこもかしこも固くなってるみたいなので、積極的に狙って行くべきなんでしょう。
ブーメランだから全然気づかなかったけど、柔らかくなるなら狙うべきだわな。
実はカキンカキーンって堅い音聞いてるの、結構好きなんですけどね。
でもニャンターの超音波が間に合うかは甚だ怪しいというオチ。



隻眼ガルルガ
猫のレベル上げに最適なクエストだと言われておりますが、
うん、確かにブメ猫との相性はとても良いですね。
とは言えまだ7までしかクリアしておりません。
猫用遠距離毒武器で最強の武器がこの隻眼ガルルガの武器だったと思うので、
クエ埋め&レベル上げついでにちょこちょこ進めるつもりではあります。

おすすめスキルは防音・風圧無効。
防音は当たり前として、風圧無効があるととてもスムーズに進みます。
猫と相性がいいってのは、猫のフットワークで全ての攻撃が避けられるからでしょう。
アシラの5連引っ掻きの方が当方的にはヒヤッとしますね。それくらい猫と相性が良い。
隙も結構あるので手数も稼げる。まさに猫用です。
原種と違って気を付けるべき攻撃は、
サマーソルトが単発で終わらず滑空を挟むバージョンがあるのと、
通称「芋掘り」と言われている嘴を地面にぶっ刺しての連続ついばみ攻撃、
あと大きな溜めモーションからの猛突進攻撃の3つくらいじゃないかな。
どれも当たるととても痛いけれど、当たらなければどうということはない。
それに最後の突進攻撃は終了後チャンスタイムですから、
ちゃんと大技の後にしっかり隙を残してくれてる隻眼さんは誰が何と言おうと超イケメン!



紫毒姫レイア
亜種・希少種の動きを更にダイナミックにした感じ。
開発の「女王の名に相応しい強いモンスターにしたるで!」という意気込みが感じられます。
モノブロ・ディアブロの、尻尾振り攻撃(回転攻撃じゃないよ)みたいなのがあちこちに追加されていて、
この尻尾振りでハンターを毒まみれにしてくれちゃうわけですね。
嚙み付き+尻尾振り。
威嚇+尻尾振り。
3連ダッシュ(キャンセル有り)+尻尾振り。
しかもナズチみたいに毒溜まり地雷を作ってくれた日には、
もう尻尾が本体だとしか思えなくなってくる始末です。
(しかもこれを沼地のマップ一番上、芒野原みたいな所でされると、ニャンターには視認性最悪ですのよ)
尻尾の耐久値も上がってるような気がしました。
レイアはニャンターでも割とすぐ切れる良い子だったのに、
デッドリ―プリンセス()はなかなか切れなかったです。やっぱり尻尾が本体なんじゃ・・・。
とはいえこの尻尾を斬らないとなかなか近づけませんので、毒対策をしっかりするか、
尻尾を一番に切り落とした方が無難でしょう。



宝纏ガンキン
耐震対策さえしておけばレベル1くらいは余裕っしょ!
ということで気持ちよく狩らせて頂きました。
尻尾からの岩飛ばし攻撃が確率で一つ、綺麗な水晶みたいなのになり、ピッケル可能でした。
二つ名の宝纏いの通り、名は体を表してますね~。
バサルモスみたく、ついピッケルしに行きたくなります。
そしてこの水晶からは固有の石が取れるみたいです。名前は覚えてないけれど。
1しかやってないせいか、原種との違いはあまり感じられなかったです。
耐震対策さえしておけばそれ程苦戦しないと思われ。



金雷公オウガ
ビリビリの度合いが活発になってるジンオウガさんです。
新モーションも2つほど追加されてたと思いますが、
原種からの正当進化というか、まぁこんなもんでしょ、という納得感。
レウスとかと違って、多分この子は良モンスなんだろうなという気がしました。
とは言え受注可能HRが6~とあって、攻撃力はレベル1でもなかなかシビア。
結局クエスト終わっての部位破壊は頭と腕だけでした。
打撃武器だししょうがないとはいえ、大剣担いでる時もオウガの尻尾切りは苦手だったなー。
向きがころころ変わるから当て辛いんですよね。
もし氷の優秀な遠距離斬属性武器が出たら、一番にオウガの尻尾を斬ってあげるんだ!




荒鉤爪ティガ
何かね、予想してたのと全然違った。
岩飛ばしを強化してくるのかと思いきや、いや実際大雪主みたく巨大な岩を飛ばしてきましたが、
それだけじゃなくて新モーションも追加されてるのね。
左腕を地面に突っ込んで爆発?を引き起こす新技です。
地割れじゃなくて爆発。どーゆー原理でしょう。
しかも周囲に振動のおまけつき。実に派手な攻撃です。さすがティガちゃん。
久しぶりにティガの本気を見た気がします。P2だかP2Gでのトラウマを思いだしそうになったわ。
原種同様の振り返り頭部攻撃をしようとしたら、振り返り原石飛ばしを食らいました。アイタタタ。
デン、デン、デン、ズガシャアァァ!!!(岩飛ばし)
と、
デン、デン、デン、ガオーン!!!(咆哮)の区別が付かなかったので、
常に岩が飛んでくると思って動かないとですね。
行動キャンセルも多用してるのか、予想が付きにくいですわ。
でも咆哮・連続咆哮の後は必ずチャンスタイムを挟んでくれます。
この辺、徹底的にモンスターの隙を無くした4系統とは違うんだなとハッキリ感じられますよ。
とは言えクロスのモンスターは軸合わせからして、随分賢くなっちゃった雰囲気。
ティガは豪快でアホの子だから可愛かったのに、余計なことをしてくれたもんです。



黒炎王レウス
噂通りでした。
何の期待もしていなかったのでこんなものでしょう。
幸いにも武器は近接で使用予定ないし防具は・・・優秀だけどきっと他ので補えるから狩らなくても問題ないな!



白疾風ナルガ
こちらも猫武器目当てで9までクリアしましたが、
武器作ったし素材は十分あるし、敢えて10をソロでやろうとは思いません。
というかもうソロではしたくないwww
ブシドーならナルガのソニック攻撃も物ともせず近寄れるんでしょうけれど、
ニャンターだと集中力が切れたら無理ですわ。
ガード猫ならワンチャンあるかもですね。
でもすぐ距離取って反撃タイムを滅多にくれないからなぁ。
遠距離からの「ずっと俺のターン!」をこうも延々とやられるとは思ってもみませんでした。
よくもまぁあの良モンスのナルガちゃんをここまで鬼畜に変化させたなと感心しきり。
え、ナルガ希少種?そんなんおりましたっけ・・・?(すっとぼけ)

何が酷いって、エリチェン付近に引っ込んで延々とソニック攻撃って、
えっと・・・もしかして戦う気あまり無いですか??
エリチェン後、こちらがモンスターを視認する前に攻撃を仕掛けてくる仕様と相まって、ウンザリしました。
以前の遠距離攻撃は尻尾からの棘飛ばしに限られてましたが、
このソニック攻撃を得て、
ナルガはこちらを近づけさせない酷いチキンモンスになってしまわれました。

あとこの棘飛ばしの謎のホーミング性能はなんぞや?
威力は大したことないし、ナルガの近くに居たら被弾しないのですが、
これほんとどーゆー仕組みでホーミングしてるんですかね?
ナルガの棘飛ばしがホーミング出来るなら、弓の曲射にもホーミング付けろって話です。
ソニック攻撃も、尻尾の周り「だけ」に衝撃波が出るってんなら理解できますよ。裂傷確定で良いですとも。
でも何なのあのソニックビーム。古龍でもあるまいしおかしいでしょ。
ナルガの尻尾攻撃はいつ音速を超えちゃったの?一体何が起こってるの??
オウガとかティガとかの二つ名は割と納得できる形での進化だと思うし他モンスも無難に見えるのに、
二つ名ナルガだけは・・・ほんとどうしてこうなった。何かもう色々と許せんぞ。
せめてあの一回転ソニックさえなければ、
片側だけの尻尾振り払い攻撃と尻尾ビターンに限定してくれたら
「どんな原理やねん!」ってツッコミながらももっと楽しく狩れたものを。

どう考えてもブシドーを試させるためのモンスだと思うし、ニャンターで挑むのが間違ってるんでしょうね。
しかし考えてみて欲しい。
そもそも開発の発言から、ニャンターは「武器」扱いなんですよ。
ならばなぜハンターのように狩猟スタイルを選べないのか、と。
サポート技が狩り技だと言うのなら納得します。
じゃあスタイルはどこ行ったのよ。
緊急回避も行えない、回復手段が乏しい、フットワークが軽いだけのニャンターに、
スタイル無しにあんなチート技使う白疾風とガチで戦うなんて・・・
すごいマゾプレイですね、分かります。

でもこれだけは言いたい。
ニャンターが弱いんじゃないねん。
ニャンターが悪いんじゃないねん。
ニャンターを武器扱いしながら、他武器と同等の権利を与えてくれなかった開発が悪いねん(´;ω;`)
そして想像してみて下さい。
ブシドーのジャスト回避を発動して華麗に前転するニャンターの姿を。



めっちゃ可愛いやん???




開発は反省して次回のニャンターはしっかりテコ入れすべき(`・ω・´)