FC2ブログ

Versteck

漫画やゲーム、日常の出来事など思いついたままにつらつらと。

主に映画の話。エヴァQはまだ見ていない


寒い日が続いておりますね。
バケツに1.5cmくらいの氷が張ってるのを見た時は、思わずしかめっ面になりました。
今年は暖冬って聞いたような気がしたんですが、どうやら気のせいだったようです。
あるいはここがピークで、これからは例年に比べて暖かくなってくれるのか。
だとしたら有難いですが、まぁ望み薄ですね~。


007を見てきました。
当初はシルク・ドゥ・ソレイユを見に行くつもりだったんですが、
3Dしか上映してないと知り、そんな恐ろしい物見に行けるかー!
と、ダニエル・クレイグの勇姿を拝んでまいりました。
有難いことに吹き替えもありましたので!
(字幕映画って映像に集中できないので好きじゃないのです)
3Dは未だに見に行ったことないんですけど、絶対酔うと思うので怖くて行く気になれない・・・。
1800円払って(3Dですから+追加料金で2000越えですね!)吐き気を体感しに行くってのはね。
ダニエルさんは安定のイケメンでした。

以下、軽い 普通にネタバレありの雑多な感想



・Qが世代交代して驚いた。
・Qのオタクな雰囲気は、何となく堺雅人演じるそっち系の役柄に通じるものがあると思うの。
・オタクっぽい淡々とした感じが良く出てて、声優さんもGJ。
・つまりQ可愛い。ナチュラルサドの匂いがする。
・大トカゲ・・・いや、イグアナか?まさか肉食だとは。
・超美人のボンドガールがあっけなく死んだ!もったいない!!
・と思ったら真のボンドガールはMだった!!
・ナオミ・ハリスのイヴはチャーミングで期待大!
・Qのおもちゃが今回は少なくて残念。
・何となくいつもよりアクションは少なめ・・・というか地味?(最後の方は派手にぶっ飛ばしてましたけど)
・マカオがとっても美しい!!
・そしてやっぱり無事返却されないQの開発装備w
・おお、やっぱり軍艦島だったかぁ(笑)
・マザコン・・・!

ざっとこんな感じですかね。
今までの年々派手になってきていたシリーズに比べれば、全体的にスケールダウンしてる感は否めないかな。
終わりも結構あっさりしてましたし、ボンドガールをさらっと殺しちゃうところには驚いた。
いつものパターンならそこを何とかボンドが助けて、ヒロインといい感じになって終わりって雰囲気では?
まぁ今回はMがボンドガールですからね、仕方ないと言えばそうなのかも。

悪役はいい感じにぶっ飛んでて楽しめました。
よっっっっっぽどMのこと信頼してたのね・・・(;ω;`)
でも歪んだ愛情って怖いわぁ・・・
演じてたハピエル・バルダムさん、今回の映画ではじめて知ったんですけどいい役者さんですねぇ。
調べてみたら「ノーカントリー」、「海を飛ぶ夢」、「食べて、祈って、恋をして」など、
レンタル屋で見かけたタイトルもいくつか。スペインの方だそうな。
折角なので今度借りて見てみようと思います^^

折角ついでに、スペイン映画もいくつか押さえてみようかな、とも。
結構あっけらかんとした雰囲気の国だと思ってたんですが、
映画に関しては存外(失礼)真面目で重めなタイトルが多い印象です。
調べてみると「ミツバチのささやき」、「蝶の舌」、
「ウェルカム!ヘブン」、「オール・アバウト・マイ・マザー」なんかが面白そう。
吹き替えのあるやつから見ていく所存(`・ω・´)

しかし最寄のレンタル屋は韓流とアニメが多くて、
ハリウッドや邦画、メジャー作品以外はどんどんスペースが縮小しつつある現実。
おおい、頼むよG●O・・・

あ、韓流といえば北朝鮮がミサイル打ち上げに成功したらしいですね。
えぇと、とりあえずおめでとうござい、ま す・・・?
ってことはつまり、南≦北の技術力?
いや、まだ韓国さんには延期し続けてるロケット打ち上げが残ってるから、
コレが成功したら≒でもいいのかしら?
まぁどっちでもいいですけど、
南はロシア製、北は中国製なんてオチは期待してないんだからね!


スポンサーサイト